体臭の悩み研究所

HOME >>  体臭の悩み > 体臭は努力である程度抑えられる

体臭は努力である程度抑えられる

体臭、一言で言っても気になる匂いは様々です。口の臭い、脇の臭い、汗の臭い、加齢臭、頭髪の匂い、足の臭い等々、あげればきりがありません。匂いというものは体の老廃物から発せられるものです。一説には便秘症の人はそうでない人よりも体臭が臭いと言われます。そらは体内に大量の便を溜めているわけで、少なからずその匂いが体表からにじみ出るからと言われています。

肉食の方は肉をあまり食べない人にくらべて体臭が臭いと言われます。これは野菜にくらべて肉の方が消化し難いと言う点が挙げられます。消化が早ければすぐに体外に排出される傾向にあるのですが、消化しにくいものは長く体内にとどまることになります。これが次第にカスとなり便となり体内にとどまることにより体臭がきつくなるのです。

健康な人の細胞それ自体が強い匂いを放つと言うことはあまりないと考えられています。角質の老廃物などが表皮にたまり、そこに雑菌が繁殖して強い匂いを放つことになるのです。頭皮の匂い、汗臭さなどは清潔を保っていればあるていど防ぐことは可能となります。口臭も口の中を清潔に保てば改善されます。ただ、内臓、胃や食道に潰瘍ができてその潰瘍にある雑菌等から匂いがある場合はこれらの病巣をケアしなければ根本的な改善にはつながりません。

体臭は、歯を磨く、食生活を改善する、入浴する等何か策を講じればある程度症状を縮めることが可能な症状です。自分の匂いというものは想像以上に自覚ができず、他人に不快な影響を与えるものです。できることを毎日継続的に行い匂いで他人から嫌われないように心がけましょう。脇の下などを消毒ウェットティッシュで拭く方をたまに見受けますが、アルコールティッシュは肌を傷めるのでお勧めしません。