体臭の悩み研究所

HOME >>  体臭の悩み > 体臭の代表格ワキガを改善

体臭の代表格ワキガを改善

他人の目が気になるし、自分でも白いシャツを着ると脇の部分が黄ばんできて嫌な気持ちになる体臭、腋臭:ワキガです。なぜワキガは臭いのでしょうか。

大ざっぱに、脇の下には3種類の汗を出す機関があります。このどれもその汗自体は無臭です。この3つの中にアポクリンという汗腺があります。このアポクリン汗腺実は脇の下だけでなく要所要所、例えば性器周辺、あるいは耳の中など匂いが気になる事の多い場所に存在しますが、このアポクリン汗腺からにじみ出る汗は少し黄色みがかった色をしています。そして成分にアンモニアや脂肪つまり油を含みます。これが菌の栄養源となり菌が繁殖しやすく匂いにつながりやすいという構造になっているのです。

ワキガの匂いが強うという人はこのアポクリン汗腺からの分泌が多いとか、表皮の常在菌が多い傾向にあると言うことが原因と考えられます。繰り返しますが、ワキガの原因は分泌液と雑菌です。手っ取り早くできる対策としては雑菌の除去です。匂いが気になる箇所を清潔に保つと言うことを心がければ匂いは減少すると考えられます。ただし、常にアルコールなどで除菌してしまうのはお薦め出来ません。人間の表皮には常在菌が存在する事が正常であって、全く菌がいない状態というのは異常なのです。悪玉菌、善玉菌という言葉があるように必要な菌まで無くしてしまうのは得策ではありません。弱酸性石鹸で毎日洗浄するだけで十分です。

制汗剤等多種多様に各メーカーから販売されています。これらを有効に使えばかなりの範囲で匂いを抑えることができます。これらデオドラントで対応できないと言うことであれば、手術でこのアポクリン汗腺を除去することができます。菌の対応がだめなら分泌液の方を根本的に対応する方法です。他人に迷惑を掛ける前に対応しましょう。