体臭の悩み研究所

体臭を改善できる食べ物

体臭を予防したり、改善できる食べ物があるのをご存知ですか?

肉や卵、乳製品などは身体を酸性に傾け、体臭の原因となる食べ物と言われています。脂質の多いものを食べ過ぎると、余分な皮脂の分泌を促し、ニオイの元となる脂肪酸やアルデヒドを発生させてしまうのです。
また、辛いものやニオイのきつい食べ物は、腸内で消化される前に悪玉菌や臭気成分を発生させるため、食べ過ぎると口臭や体臭となってしまうことがあります。

ニンニク料理やニラ、キムチをたくさん食べた翌日、「ちょっと臭うかも」という経験のある方も多いのではないでしょうか。こういった体臭を改善させるには、身体をアルカリ性に傾けたり、腸内環境を整えることが効果的なんです。

アルカリ性の食べ物は、緑黄色野菜や果物といった抗酸化作用の高いものや、こんぶやもずく、わかめなどの海草類などがあります。しいたけや豆腐、こんにゃくも該当します。その中でも、特に梅干しは代表的なアルカリ性食品と言われています。
梅干しはミネラルを多く含むと共に、豊富なクエン酸がニオイの元となる成分を分解する働きをするからです。このクエン酸を含む食べ物には、レモンや黒酢などもあります。
緑黄色野菜や果物に多く含まれるビタミンCには、活性酸素や酸化した脂質の発生を抑える作用があるため、体臭改善に効果的とされています。

体臭の原因となる悪玉菌を減少させるため、腸内環境を整えることも必要です。食物繊維が多く含まれるごぼうやれんこん、さつまいもなどの根菜類やきのこ類を食べると、善玉菌が増えると言われています。
体臭が気になると、ついデオドラント製品などに頼りがちになりますが、食べ物に気をつけることで、内側から体臭改善させることができるのです。